ONE SHEET PTJ

リハビリに関する疑問をONE SHEETで解決するPTのブログ

MENU

回旋筋腱板の機能低下は側臥位でチェックしよう。

本日の疑問

赤茄子です。

理学療法士として肩関節疾患を診る機会ってなかなか無いですよね。作業療法士が担当することが多いので、任せてもらえる機会があるととてもワクワクします。

ただ、普段診ることがない分、いざ担当するとなると何が問題でどうすればいいのか混乱してしまいます。

そんな時、簡単に視認で問題点をスクリーニングできると、心に余裕ができるというものです。簡単なスクリーニングといえば、"回旋筋腱板の機能低下は側臥位で見やすい"というものがあります。座位では無く、なぜ側臥位なのでしょうか?

回旋筋腱板の機能特性