ONE SHEET PTJ

リハビリに関する疑問をONE SHEETで解決するPTのブログ

MENU

股関節の内転制限がデュシャンヌ跛行の原因である

f:id:AKA-NASU:20220410165704j:plain

整形外科運動療法ナビゲーション(下肢)改訂第2版. pp42-43.

 

よくある疑問。

 

デュシャン跛行の原因って何?

 

注目しがちなのは「外転筋の筋力低下」。たしかに外転筋の筋力低下で出現する可能性はありますが、ポイントは「股関節の内転制限」だそうです。

 

デュシャン跛行のグループと正常歩行グループを比較した際に、股関節外転筋力は統計学的な有意差は無く、内転可動域は正常歩行グループで有意に大きかったそうな。

 

ちなみに、内転可動域が5°以下では100%デュシャン跛行が出現するという結果でした。

 

内転制限がない状態では、様々な要因でデュシャン跛行・トレンデレンブルグ跛行が出現するため、細かい評価が必要になりますね…

 

 

赤茄子